Google meet

Google Meetの会議に参加する方法

Google Meet の使い方まとめ 新型コロナウイルス感染症拡大によって、リモートワークが拡大したことを受けて、私も使っているGoogle Meet(グーグルミート)の使...

GoogleMeetの会議に必要なもの

Google Meetを利用するには、「WEBブラウザ」を利用します。

WEBブラウザとは

「Chrome(クローム)」や「Firefox(ファイヤーフォックス)」「IE(インターネットエクスプローラー)」と言った、WEB上の情報を可視化してくれるコンピューターアプリです。

他のWEB会議システムと違い、GoogleMeetの特徴は、

アプリがなく、WEBブラウザにて参加ができるサービスであることです。

Googleが提供しているサービスなので、Google Chromeが一番相性がいいです。

Google Chromeをダウンロードしておけば、間違いないので、是非ダウンロードをお勧めします。

Google Chromeのダウンロードは、こちらから行えます。

GoogleMeetの会議に参加する方法

GoogleMeetでの「このURL」と言われたら、参加方法は簡単です。

「URL」にアクセスするだけです!

Google Meetの使い方が分からない方の多くは、普段はzoomかteamsを使っており、

先方がGoogle Meetを指定してきたので、それを使うしかない時かと思います。

その際の参加方法は、

  1. Google Chrome(クローム)をダウンロードしておく(※)
  2. ダウンロードしたChromeでURLをクリックする

だけで参加可能です。

※Chromeのダウンロードは必須ではないです。

もし、自身が主催者の場合も同じです。

参考までに以下、画像で解説していきます。

【画像解説】Google Meetの参加方法

注意!はじめてChromeでMeetのURLにアクセスしたら

しつこいようですが、Meetで会議を実施する、参加するならGoogle Chromeを絶対にダウンロードしたほうがいいです。

Googleのサービスなので、相性抜群ですし、バグやエラーが起こりにくいです。

Chromeをダウンロードして、初めてMeetに参加する際に、「マイク」と「カメラ」へのアクセスの許可確認が行われます。

こちらは、必ず「許可」をするようにしてください。

ブロックしてしまった場合は、Chromeの設定画面から設定を変更するようにしてください。

会議の参加方法〜招待を受けた場合〜

Google Meetの会議への参加招待を受けた場合は、指定されたURLへアクセスを行ってください。

アクセスすると下記のような画面が出てくると思います。

この画面が出てきたら、右側の緑のボタン「今すぐ参加」をクリックすれば、会議に参加できます。

※「今すぐ参加」が「参加をリクエスト」と表記されている場合もありますが、同様ですので問題ございません

URLへアクセスする際にGoogleへログインした状態でアクセスした場合は、そのGoogleアカウントで会議に参加されます。

もし、アカウントに関係なくアクセスしたい場合は、ログアウトしておくことをお勧めします。その場合は、任意に名前を変更可能です。

会議の参加方法〜自分が招待した場合〜

自分が招待をしておいて、会議の参加方法を知らないということはないかもしれませんが、一応記載します。

自分で会議を開く方法を知らない場合は、下記の記事も合わせて確認してみてください。

テレワークで便利。簡単なGoogleのテレビ会議 ハングアウトmeet!! 新型コロナウイルスが猛威を振るっている昨今の状況かで、通勤電車がかなりガラガラになってきています。企業はほぼテレワーク(在宅勤務)へ切...

自分が、招待している場合、基本的には自身のGoogleアカウントに設定されているGoogleカレンダーに登録されています

Googleカレンダーの該当するスケジュールをクリックしていただくと、下記のようなスケジュールが表示されます。

この赤枠で囲った「Google Meetに参加する」をクリックしてください。

すると招待された際と同様の画面が表示されますので、「今すぐ参加」をクリックしていただければ、会議に参加できます。

WEB会議の参加にあたっては、音声が非常に重要です。音声については、こちらの記事をご確認ください。

【Google meet】音声の設定する方法 どうもカノイです。新型コロナウイルス感染症の感染が拡大してからもう1年が経とうとしています。 コロナによって、リモートワークや在...
最新記事
関連記事一覧